一般社団法人オービックシーガルズ習志野スポーツクラブ フラッグフットボール学校訪問授業「きてきてアメフト先生」
一般社団法人オービックシーガルズ習志野スポーツクラブ フラッグフットボール学校訪問授業「きてきてアメフト先生」
きてきてアメフト先生「フラッグフットボール学校訪問授業」
オービックシーガルズの現役の選手やコーチが、小学校などを訪ねてフラッグフットボール(*)の体験授業を行う、「きてきてアメフト先生」という活動です。
ほとんどの子どもが初めてのスポーツですので楽しく・分かりやすく授業を進めていきます。2013年度は習志野市内小学校を中心に20校3000名を超える子どもたちと触れ合いました。
実施学年は1年生〜6年生までどの学年でも可能です。ルールや難易度をアレンジして授業を進めていきます。

(*)フラッグフットボールとは?
フラッグフットボールは「誰でも」「安全に」「簡単に」、アメリカンフットボールを疑似体験できる 新しいスポーツ。タックルの代わりに、腰にぶら下げたフラッグ(旗)を引き抜くことで 相手を止めます。タックル等の接触プレーは禁止ですので、ヘルメット等の防具は使用しません。 「考える鬼ごっこ」という競技の特性が教育現場で高く評価され、2011年度から文部科学省の新・学習指導要領にゴール型ゲームとして例示掲載され、体育の授業に取り入れる小学校も増え始めています。

一般社団法人オービックシーガルズ習志野スポーツクラブ フラッグフットボール学校訪問授業「きてきてアメフト先生」

フラッグフットボールは、アメリカンフットボール同様、一人ひとりに大切な役割があり、みんなが協力することで、一つの目標を達成することができるスポーツです。
そんな特徴のあるスポーツですので、体育が得意な子・得意ではない子に関係なく、活躍の機会が必ずあります。
仲間とコミュニケーションをとり、同じ目標に向かい協力し合って成し遂げ、喜びを分かち合うことは今後の人生おいてとても役に立つことです。

フラッグフットボール授業の中で、子どもたちの小さな成功体験を大切にして、「体を動かすことの楽しさ」、「あきらめす一生懸命にやること」「仲間を思いやる心」を、直接伝えていきたいと思います 。

一般社団法人オービックシーガルズ習志野スポーツクラブ フラッグフットボール学校訪問授業「きてきてアメフト先生」

・普段目立たない子が役割を見つけ、がんばっていたのが印象的
・ボールを持っていない子の動きが大切になる点が優れている
・普段、体育で主力になる子ども以外の活躍が目についた
・友達とかかわり、話し合い、学び合う姿に教育的な意義を感じた ・最初は1対1、次に3対3と、徐々に発展していくため新鮮みが薄れない。そうした展開は指導計画にも生かされる

一般社団法人オービックシーガルズ習志野スポーツクラブ フラッグフットボール学校訪問授業「きてきてアメフト先生」

・みんなと協力できた。団結力が生まれた
・自分にも役割があって楽しかった
・狙った作戦が思い通りにできたときがすごく嬉しかった
・分かりやすいだけでなく、面白く教えてくれた
    • ・男子同士、女子同士だけでなく、クラス全体が仲良くなれてよかった


    ■対象

    保育園、幼稚園、小学校、中学校


    ■お申込み方法

    お申し込みフォームにて、お気軽にお問合せください。折り返し、連絡させていただきます。
    恐れ入りますが、本活動は選手が訪問するため試合や練習、ミーティング等のスケジュールにより、必ずしもご希望の日程にうかがえない場合もありますが、極力ご希望に添えるように努力いたしますので、ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

▼さる先生に聞く ▲ページのトップへ戻る